Loading...

ご予約

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

犬連れでのお部屋食は、慎重なチョイスが必要です。

2020.11.14

オーベルジュメソンでは、
お部屋食でのフレンチのフルコースを提供できる客室がある。
お好みの音楽が流れる中、
大切な人たちと美味しい料理を食べながら、いい時間を過ごす。
このスタイルだからこそ、味わえる雰囲気がある。

この時間を、犬連れの方にも味わっていただきたいと願っている。
だから、部屋食かダイニングか、食事の場所をチョイスできる。

ただこのチョイス、飼い主の見極めがとても重要。
「うちのワンちゃんと、いっしょにごはんが食べられる!」と、
安易な判断は最悪の結果を招きかねない。

 

スタッフは文字どおり、一皿ずつ客室にお運びする。
テーブルセッティング→ドリンク→前菜→スープ→魚料理→肉料理→デザート→かたづけ。
これで、8回。さらに、ドリンクの追加、パンのおかわりなどが適宜。
コースによっては、さらに増える。
つまり最低でも10回は、客室に入る。

 

見知らぬ人間や人間の食べ物に激しく反応する犬は少なくない。
ふだんの暮らし方やしつけも様々。
私たちが客室に入ると、威嚇する犬・遊びたい犬が様々に反応する。

そのとき、どうなるか。
料理を食べるどころではなく、
鳴き声をいさめようとしたり、スタッフに向かおうとする行動を抑えようとしたり、
抑えきれないときには別室へ連れて行かねばならない。

 

これが、1回の食事だけで、10回繰り返される。
私たちの願いとは、真逆の結果となる。

私たちは、「大切な人たちと美味しい料理を食べながら、いい時間を過ごす」
このために、努力しているのに…。
なんてこった。

 

だからこそ、飼い主の見極めが大切なのだ。
よくできたワンちゃんをお連れの際の食事の風景は、とてもいいもの。

だが、みずからの飼い犬を決して甘く評価してはいけない。

 

我が家にも飼い犬がいるが、旅行には同行させない。
私たちの責任だが、「出来がわるい」からだ。

ペットご利用規約

2020.11.14

はじめに

 

当施設はペット専用の宿泊施設ではありません。

 『人間をメインに考えた ペットも泊まれる宿』という位置付けでの営業をしています。
  
ペット連れ以外のお客様や近隣とのトラブル防止のため、

ペット同伴宿泊は利用規約を厳守いただける方のみお受けいたします。

また、ペット連れでないお客様、苦手なお客様もご利用されています。

その方への十分な配慮をお願いいたします。

 

 

 

 ペット同伴宿泊利用規約 

マナーの悪いお客様が増えると、施設へのペットの受け入れが出来なくなってしまう場合もございます。

ご宿泊して頂く全てのお客様に、快く過ごして頂くためにも下記内容は最低限、

守っていただけるようご協力をお願いいたします。

 

 

□ペットの為のシートや抜け毛を掃除する粘着テープ等をご持参下さい。

□トイレのシツケは最低限の条件です。(汚させないのは飼い主さんのマナーです)

□宿泊施設付近の散歩や、トレッキング中のペットの糞は、たとえ山の中でも放置せず必ずお持ち帰り下さい。

□トイレ(マーキング)の心配のあるペットは必ずおむつを持参下さい。

□無駄吠えのひどい時は、飼い主さんが責任を持って静かにさせて下さい。

他のお客様のご迷惑となる場合には、ご利用をお断りさせていただく場合がございます。

□食事時間内外を問わず、本館内(ダイニング、ライブラリ)には入れません。

□施設内に入れるのは、普段から室内で飼われているペットだけです。
※外飼いのペットの客室での同伴宿泊はお断りいたしております。

□ペットの食事は飼い主さんが準備して下さい。

□人用のベッド、布団に乗せるのは禁止です。施設内のお風呂には入れないで下さい。

 

□やむなくペットだけで部屋に留守番させるときは、クレート(ペット用ケージ)やケージを利用し

ドアの内側や室内の設備を破損させないようにお願いいたします。

 

□健康面について

*狂犬病予防接種済みであること

*ノミ・ダニなどの外部寄生虫がいないこと

*回虫・条虫などの消化管内寄生虫がいないこと

*皮膚病などの伝染性の疾患が現症としてないこと

*シーズン中のメスの入館は不可。

 

■万一、施設破損・汚損が発生した時は、修理・清掃にかかる実費を請求させて頂きます。

■当方でのペットのお世話は致しかねます。

■その他施設内で起きた全てのトラブルは、その場の当事者同士で解決して下さい。