Loading...

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

口頭が1番で、手書きが2番。できればあとは「なし」で。

2018.03.21

とある日、50歳代のご夫婦と、息子さん、娘さんの4人で、
ご宿泊にお越しになった。

 

ご予約は、お父さん。
ご自身の誕生日だからと、ケーキがつくプランをお選びになっている。

 

 

後日娘さんから
「ケーキがつくと聞いていますが、メッセージをつけてもらえませんか?」と電話がある。
直接お問い合わせがある場合は、
「カードをご準備しますので、直接メッセージをお書きになりませんか」と
ご提案している。

 

ディナーが進み、デザートとともにケーキをお出しする。
お父さんは、ケーキが出てくることはご存知だが、
手書きのメッセージが添えられていることに驚く。

 

このブログの主旨はここからだ。

 

ご予約とともに、メッセージ文も合わせて送られるケースは、
メソン側で書いてカードを添付する。
その場合、食事後100%の確率で、テーブルに放置されている。

 

メッセージを送られた側は、「行為」には感謝されるが、
「メッセージ」には「既製品感」がでてしまい、重要視されなくなってしまうのだろう。

 

メッセージの伝達に、わたしたちが介在する事による弊害だ。

 

手書きのメッセージの場合、
ディナー後テーブルの上から姿を消している。
ほぼ100%お持ち帰りになるのだ。

 

このご家族のケースは、ケーキをお出しした直後に、
カードがテーブルから姿を消した。
「あれ?カードちゃんと出したよね?」と、
スタッフ内部で確認したほどの異例の早さだった。

 

おそらく、速攻でお父さんのポケットへしまわれ、
部屋に戻られてから、手帳や財布に移動し、
保管されことになるのだろう。

 

同じカードでも、このメッセージは長くお父さんの心の中に残る。
お父さんにとっても、このご家族にとっても、
そしてこのカードにとっても、とてもシアワセなことだ。

 

メッセージは、直接伝えること。
口頭が一番に決まってます。
カードは次善の策ですが、その場合でも、ご自身の手書きで。

 

わたしたちは、そうあってほしいと願っています。

 

メソンの予約窓口も、そんな流れができるようにちょっと工夫してみます。