Loading...

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

gallery サラ 「書師 秀蓮展 ”炎の如く「道心」に恋して”」へ

2019.07.21

 
こんにちは、ふうかです。
 
6月もgallery サラさんの展示にお邪魔させて頂きました。もう次の展示が始まってしまってはいますが、作家の秀蓮さんにお話を伺うことも出来ましたので、ご紹介させて頂きます。
 
 

書師秀蓮展「炎の如く「道心」に恋して」

「道心の中に衣食あり 衣食の中に道心なし 最澄
自分の仕事を天命として打ちこむ心が道心。
その道心があってこそ 真に満たされた人生。
キラキラヒカル道心をもつひとに恋をして─ 秀蓮」
 
Galleryサラ公式サイトより
 
 

日程

今回の展示は、6月8日(土)から30日(日)まででした。
2日目の9日(日)には、題字である、「道心」の書のパフォーマンスと作品解説をされ、多くの方が足を運ばれたそうです。
 
 

書師 秀蓮氏について

福岡県のお生まれです。
7歳より山下墨水氏に、16歳より横田無縫氏に師事されて以降は、独学で書道を学ばれました。
このお二人と出会えたことが書道家としての人生においてとても幸運だった」と秀蓮さんは仰っていました。
その後、滋賀の大学に進学された事をきっかけに滋賀県に移住されたそうです。
一度は、小学校の教員になり、いろいろな教科と「書」を結びつけて授業をされていたそうですが、書道家になる事を決意され、教員をおやめになりました。
現在は滋賀県の草津市に工房をお持ちです。
 
 
 

文字について

秀蓮さんの文字は、作品ごとに表情が全く違います。
それは、「書くときの「思い」が違うからだ」とおっしゃいます。
 
“書が他の工芸品と比較して違うのは、そういう作者の内面が全て出てしまうところです。
私が書に私自身をさらけ出しているからか、見てくださった方も日頃悩んでいることや心配ごとなど自分の本音をぽろっと私にお話してくださいます。”
 
“文字は、ただ思い浮かんだもの、というよりは、自分が救われた言葉や誰かが必要としてるような言葉を見つけて、それを書いています”
 
とお話ししてくださいました。
 

7月の展示

7月の展示は6日(土)から28日(日)まで「うつしおみ 奥島圭二 硝子展」です。
 
 

galleryサラ年間スケジュール

 

7月 奥島圭二(ガラス)
8月 吉田友幸(絵画)
9月 大道正男(陶)+小林敬生(版画)
10月 矢島操(陶)
11月 山田晶(陶)+新宮州三(漆)
12月 坂田ルツ子(フェルト)
 
 

gallery サラ

〒520-0503 滋賀県大津市北比良1043−40
077-532-9020
定休日 火・水
11:00 ~ 17:00
 
メソンから徒歩5分、JR湖西線 比良駅、近江舞子駅からギャラリーまでの送迎もあります。
 
 

アロマリラクゼーションサロン ひらのはなれ へ

2019.06.08

こんにちは、ふうかです。

今回は、ひらのはなれさんのアロマトリートメントをご紹介いたします。

 

私も実際に施術して頂きましたので、よりお客様に近い目線でのご紹介になっているかと思います。

ひらのはなれさんは、道路から見て手前の建物の右側を進み、左に曲がったところにある緑のドアからお店に入ることができます。

 

はじめに足湯をしながら、事前に記入したシートを元に、カウンセリングをしていただきます。香りの好みや身体の症状を踏まえつつ一緒にアロマを選んでいきます。

これらは全て店主まほさんのこだわりのオーガニックオイルです。もちろん、一人一人に合わせてブレンドして頂いたアロマは、購入して持ち帰ることも出来ます。

 

その後、アロマトリートメント開始です。

ボディの60分のコースをお願いしました。

静かな森に囲まれたところにあるこちらのサロンでは、聞こえるのは小鳥のさえずりと優しいBGMだけです。とてもゆったりとした贅沢な時間でした。

 

施術後は、どこが凝っていたか、どこが疲れているかという結果と、普段の生活で何が改善できるかということを教えていただきます。

私の身体の症状はほとんどが冷えによる血行不良が原因で、それはアロマや足湯で改善するということも分かり、早速始めてみようと思いました。

 

ひらのはなれさんのアロマトリートメントは、

チェックインをされる前後に、お散歩がてら伺うことも出来ますし(最終受付16:00まで)、

朝は9時30分から営業されているので、チェックアウト後に立ち寄り、のんびりとした時間を延長されるというのも良いのではないでしょうか?

 

いずれの場合もご予約が必要ですので、下記連絡先、あるいはホームページよりご予約ください。

 

 

【ひらのはなれ】

〒520-0503 滋賀県大津市北比良1043-157

090-9115-1516

定休日 日・祝

9:30-18:00(最終受付16:00)

http://hiranohanare.com/caremenu/#self

メソンから徒歩8分、近江舞子駅から車で10分です。

「かんじる比良」開催!

2019.05.17

こんにちは、ふうかです。

 

周辺の情報をお知らせすると言っていながら、かなりぎりぎりのご紹介になってしまいましたが、今週末、5月18日19日の2日間、メソンの位置する「比良」で「かんじる比良」というイベントが開催されます。

 

「かんじる比良」というのは、作家さんたちが普段公開していない工房やアトリエを公開したり、比良周辺のお店がイベント限定企画を開催したり、比良ゆかりの作家さんの作品ばかりを集めた展示がされたり、名前の通り、比良を存分に「かんじる」ことが出来るイベントです。

 

今回メソンは貸し切りのウェディングがあり参加していませんが、メソンの周辺の環境が気になっておられる方には絶好の機会だと思います。

もちろん、一度お越しになったことがある方も、オリジナルガイドマップを片手に比良を散策すると、気が付かなかった魅力的なお店に出会えるかもしれません。

 

この週末、まだご予定が決まっておられない方は、ぜひ比良をかんじてみてください。

 

かんじる比良

2019年5月18日(土)、19日(日)

作家展は17日(金)から

10:00~17:00

公式サイト
http://kanjiruhira.org/

gallery サラ 「漆とガラス」へ

2019.05.12

こんにちは、4月からメソンに仲間入りしました、ふうかです。

この度、メソンのご近所の情報をお知らせする連載を始めることになりました。

一見、静かなただの別荘地に見えるメソン周辺ですが、意外と様々なお店があるのです。私も初めて伺うお店も多いですが、少しずつご紹介させて頂きます。

 

今回お邪魔させて頂いたのは、メソンから歩いて5分のところにあるgallery サラさん。

毎月、企画展を開催されているアートギャラリーです。

 

5月11日から始まった今月の企画は「漆とガラス」

漆器作家の蝶野秀紀さんとガラス作家の荒木桜子さんのお二人の展示です。

在廊されていた蝶野さんにお話を伺いました。

 

学生時代はご両親にお金を借りて買うほど器が好きだったという蝶野さん。

一度は企業に就職したものの、30歳になったことをきっかけに人生を見直し、器の世界へ進むことを決意されました。

まだまだ未開拓で、もっと色んな表現が出来ると感じたことから漆器を選ばれたそうです。

「漆器は「ハードルが高い」「扱いにくい」というイメージを持たれることも多いが、手にしてみると軽くて意外と便利。ぜひ一度興味を持って見てほしい」とおっしゃっていました。


今回の展示は、6月1日(日)まで。

次回の展示は、6月8日(土)に始まる、「書師 秀蓮展」です。
中国茶が頂けるカフェも併設されています。

 

年間スケジュール

7月 奥島圭二(ガラス)

8月 吉田友幸(絵画)

9月 大道正男(陶)+小林敬生(版画)

10月 矢島操(陶)

11月 山田晶(陶)+新宮州三(漆)

12月 坂田ルツ子(フェルト)

 

【gallery  サラ】

〒520-0503 滋賀県大津市北比良1043−40

077-532-9020

定休日 火・水

11:00 ~ 17:00

gallery-sala.jp

メソンから徒歩5分、近江舞子駅から徒歩30分です。

 

メソン周辺マップも併せてごらんください。

こちらをクリックすると開きます。