Loading...

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

私たちが考えるウエディングのこと。

2019.03.17

いま、ブライダル業界は混迷している。

 

少子化、婚姻数の減少に加え、

結婚式を実施する割合が減り、参加人数も減少の一途。

 

5年ほど前まで結婚式場は増え続けていたが、

少しづつ閉めるところがでてきているようだ。

継続しているところも、売り上げの維持に懸命なのだ。

 

創業から数年間、メソンの経営はウエディングの売り上げが支えてくれた。

でも、いつも新規を追い続けるこの部門は、

経営の安定には当てにはできないと、

ここ10年以上は宿泊部門にエネルギーも資金も投入してきた。

 

 

そんな今、オーベルジュメソンのウエディングサイトの

リニューアルの準備をはじめた。

 

こんな混迷の時期だからこそ、

私たちがウエディングに、あらためてきちんと取り組む意味があるんじゃないかと。

 

これまで、数百組の結婚式をともにしてきた経験から、

あらためていま考えていることをまとめた。

完成一歩手前の段階のサイト用の原稿だが、

お読みいただければと思う。

 


 

●見出し

「メインテーマは、感謝を伝えること」
「主催者は、自分たち」

ここからすべてを組み立てなおす、
新しいウエディングのかたち。

 

●本文 

「結婚式をする意味」がわかりにくくなってきている今。
私たちは、ウエディングの本質の捉えなおしが必要だと考えます。

 

結婚とは、お二人がそれぞれの家族から自立し、
新たな家族をつくること。

 

だから結婚式は、いわばお二人の「自立宣言」の場。

 

自身の成長に様々にかかわっていただいた方々を、
一堂にお招きし、これまでの感謝を伝え、
これからの生きていく道を見守っていただく。

 

ウエディングという大切な時間は、
そのための場とするということ。

 

そして、その場を自分たちでつくってみようと。

 

ここから一緒につくりあげていきたいのです。

 

 

<少しだけ非日常の、あらたまった空間と時間が必要です。>

 

オーベルジュメソンは、森の別荘地にあります。
ここに流れているのは、ゆったり流れる「森の時間」。

 

あたたかな空間、洗練されたお花、
多くの方々に「おいしい」と評価されているフレンチスタイルの料理。

 

そんな非日常の場と時間を設定することで、
日常では考えられない、
あらたまったメッセージが生まれてきます。

 

<ゲストとのコミュニケーションのための「4つのしかけ」>

・チャペルは対面式。
・パーティーは、ビュッフェスタイル。
・お二人のセンス+3つのスタイル。
 【モダン】【エレガンス】【シャビー】
・オーベルジュだから宿泊可能

 

 It’s your style wedding.

 

 

<「主催者」の想いをかたちにするのは、むずかしくない。>

 

オーベルジュメソンがウエディングを手がけてから、
すでに数百組。
お二人からじっくりお話しを伺いながら
「新たなウエディングのかたち」に挑んできました。

 

ですから、外部パートナーとともに、
経験はたくさん蓄積していますが、
いつも新鮮に向き合います。

 

お二人にとって、
とても素直なきもちで臨める、
本当のウエディング。

 

ごいっしょにつくりあげるお手伝いを、
これからもずっと。

 

旅から湧く妄想。

2019.03.10

この2月に中欧の3都市に旅行した。

 

この期間、「トラベロコ」というサイトを通じて、

そのエリアに在住する日本人の方々と、

1回ずつ食事をともにしていただいた。

 

下記は、その中のお一人に日本に戻ってからお送りした、

メールの一部です。

 


 

大変お世話になりました。

日本に帰ってから、仕事復帰まで中2日とりましたので、
なんとか正常な状態に戻れそうです。

 

宿泊業を営む私たちが、あらためて痛感したことは、
どの土地を訪れるのであれ、
旅の良し悪しの評価のベースは、

食事・ホテル・人が占める割合が非常に高いのだということ。
つまり、宿泊施設は決定的要素をになっているということです。
(私たちのオーベルジュは、原則2食付きでしか予約を受け付けません)

 

この感覚に、かなりドキッとしました。
私たちは、こんな重い覚悟で日々仕事をしていたか、という感じでしょうか。

 

今回、ブダペスト→ウイーン→プラハの3都市、4つのホテルで宿泊しました。
うち3つのホテルは、日本の旅行代理店の低価格のフリープランによるチョイス。

そんな旅だったこともあってか、
上記のようなことを強く思うのかもしれません。

 

母国語圏が、非常に狭い日本人にとって、
外国旅行はつらいものがあります。
その意味で、日本人にによる日本語の旅のアドバイザーの存在は、とてもありがたい。
旅の良し悪しを決めかねない、「人」がそこにかかわってくれるからです。

 

もちろん、個人差はあると思いますが、
レストラン、宿泊も含め、比較的安価な施設ほど、
おおよそスタッフに「私の収入は、あなたの支払いが源泉になっている」

という感じを持ちません。

その国あるいは地域がもつ「働くこと」にたいする、

ある「基礎」ができあがってしまっているのでしょう。

そこに、会話が成り立ちにくいという要素が加わります。

 

日本人がヨーロッパを旅する「苦行」は、施設的な要素もあります。
「公衆的トイレが有料」「ウォシュレットがない」「バスタブがないホテルがある」…。

 

「自分たちが、日本人のくつろぎにふさわしいホテルをつくったらいいんだ!」
今回の旅で、強く思ってしまったわけです。
私たちには、そのための経験はあると。

 

宿泊施設できちんと経営は成り立たせつつ、
音楽やバレエなどで留学してくる若い日本人の「下宿」的な要素も

併設できたらいいなぁなどと妄想も…。
(旅の出発直前に「のだめカンタービレ」を見ていたわけです。)

 

いまのオーベルジュ同様、ゆっくりとリニューアルを繰り返し、
経営を安定させていくような流れになるでしょう。
ウイーンの歴史や文化を大切にしながら、
日本人にとって心地のいい施設に仕上げていく。

 

 

飛行機に乗ることをできるだけ避けたい私が、
多様な文化を楽しめる大陸に居を移せることは、
何よりの楽しみです。

 

これまでの経験を活かしながら、
これからのゆったりした暮らしと、経営をきちんと両立させる方法として、
実現の可能性を模索していきたいと思います。

 


 

と、妄想しているのは楽しいものです。