Loading...

ご予約

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

2021春。ウイーン移住への記録 第19回

2020.09.12

オーベルジュメソンの経営を、
まったくの素人から夫婦で始めて18年が経ちます。
そんな僕たち夫婦が1年後の2021年春、
ウイーンへ移住し、開業することが決まりました。
この連載は、移住までの顛末を記録していきます。
「今の暮らしを変えたい!」なんていう希望をお持ちの方々に、
なにかのお役に立てればとリアルタイムに書いていきます。

ちなみに移住までは、夫婦ともメソンで仕事をしております。
その後のオーベルジュメソンの経営は、わたしたちの長女が引き継ぎます。
(このブログはあくまで夫の観点から書いていきます。
妻の観点は直接お聞きください・笑)
──────────────────────────────

 
英語検定対策の続きです。
 
おそらくケンブリッジ検定だけだと思いますが、
同じレベルの検定でも「A2」と「A2 for school」の2種類があります。
検定レベルは同じですが、「for school」は試験の題材が、
およそ中高生の経験レベルといわれています。
 
どちらの検定も誰でも受験でき、同じ資格が認定されるので、
私は、試験日程が近い「A2 for school」を受験することにしました。
 
模擬試験問題集も、それぞれに存在し、
どちらもやってみましたが、問題内容やレベルに大きな違いを感じませんでした。
たまに、一般向けの問題に職場の場面が出てきて、
[colleagues](同僚)というあまり見慣れない単語が出てくる程度です。
 
 
今回、イギリスから3冊の問題集を取り寄せましたが、
到着まで2週間かかります。
その間を埋めてくれたのが、
下記のサイトです。
 
このサイト、ベトナムで制作されているようですが、
ケンブリッジ検定対策が詰まっています。
 
基本はYouTubeで、各レベルの様々な問題集のうち、
ヒアリング部分の問題を表示させながら出題音声を流すという形式。
公式問題集、他社出版社発行の問題集含め、
かなりな数の問題集が掲載されています。
 
また、YouTubeページ内を探すと、
その問題集一冊すべてがダウンロードできるリンクが張られており、
リーディングやライティング、スピーキングの練習も可能です。
A2もA2 for schoolどちらもあります。
ただし、問題集内に回答が掲載されていないものは、
回答がありません。
 
 
問題集を購入することなく、
狭義の検定対策をこのサイトだけでやってしまうことも、
無理ではないかもしれません。
 
 
これらを使って7月8月の2か月間、最低でも5時間ほどを、
検定対策にあてました。
受験体制に入ると家族には宣言していましたので、
ある程度仕事はセーブされていましたが、
朝夕の一定時間毎日出勤していました。
 
 
僕の場合、スピーキングをどう対策するか。
これまで書いてきたように、すべて独学です。
このテストの実際の様子は、
上記のYouTubeページにも何例かが動画で掲載されています。
 
 
全体で約10分ほど、試験官1名と受験生2名で試験は実施されます。
前半は、試験官との会話、後半は受験生との会話。
あるテーマについての試験官の質問について、受験生が答える。
後半は、5つの質問テーマにかかわる絵が並べられ、
それについての好き嫌い、なぜを受験生どうしが会話するという形式です。
 
かなりな量のヒアリングの練習問題をこなしていれば、
試験官の質問は聞き取れそうですが、
回答を即座に英文にして、発音できるか?
 
僕の場合は、受験日当日の4日ほど前から、準備を始めました。
(会話を習っていない以上、発音レベルは完全に無視しました。)
 
各問題集には、前半も後半も想定されるテーマが準備されています。
そのすべてに、想定回答を作ります。
その中から、実際に問題がでればラッキーです。
 
出なくても、自分の身の回りの様々な出来事について、
自分はどう考えていて、どうしてなのかを英語で整理しておくことは、
アドリブ的な回答を求められた際にも、役に立ったようです。
 
 
 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。