Loading...

ご予約

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

2021春。ウイーン移住への記録 第1回

2020.04.14

オーベルジュメソンの経営を、

まったくの素人から夫婦で始めて18年が経ちます。

そんな僕たち夫婦が1年後の2021年春、

ウイーンへ移住し、開業することが決まりました。

この連載は、移住までの顛末を記録していきます。

「今の暮らしを変えたい!」なんていう希望をお持ちの方々に、

なにかのお役に立てればとリアルタイムに書いていきます。

 

ちなみに移住までは、夫婦ともメソンで仕事をしております。

その後のオーベルジュメソンの経営は、わたしたちの長女が引き継ぎます。

(このブログはあくまで夫の観点から書いていきます。

妻の観点は直接お聞きください・笑)

 

この移住計画は、2019年の1月から2月にかけての旅行が発端となります。

 

オーベルジュメソンでは、その2年ほど前から、

閑散期になってしまうこの時期の2週間ほどを休業し、

仕事のレベルアップのためのリフレッシュ期間として、

海外へ出ることを推奨してきました。(自己負担でですが)

 

私たち夫婦は、ニューヨーク、地中海クルーズとでかけ、

この年は、ブダペスト・プラハ・ウイーンへ向かうことになります。

 

僕自身は、閉所・高所恐怖症。

パニック障害があるので、飛行機に乗るのは勘弁してほしい立場です。

ですからこのシーズンを前に、妻は「女性の一人旅」的な本を買い込み、研究を始めます。

その結果が、ブダペスト・プラハ・ウイーン

 

「長女と行ってきたらー」と、のらりくらり、はぐらしていましたが、

長女が大学の卒業旅行で、「バルト三国に行く!」と言い出し、

僕がお供することが決定的になります。

 

僕たちが旅に出るとき、あらかじめ観光情報を十分に入手し、

スケジュールを決めて出発するということをあまりしません。

 

それで、いいのかどうか。

後悔することもありましたから、

今回は「トラベロコ」(現・ロコタビ)を利用して、

現地に住む日本人の方とセッティングして、

いっしょにディナーを食べながら、

観光情報や暮らし方をお聞きすることにしました。

 

「旅は人」

なかば自省を込めながら、そのことを実感することとなります。

 

→第2回へ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。