Loading...

ご予約

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

2021春。ウイーン移住への記録 第6回

2020.04.17

オーベルジュメソンの経営を、

まったくの素人から夫婦で始めて18年が経ちます。

そんな僕たち夫婦が1年後の2021年春、

ウイーンへ移住し、開業することが決まりました。

この連載は、移住までの顛末を記録していきます。

「今の暮らしを変えたい!」なんていう希望をお持ちの方々に、

なにかのお役に立てればとリアルタイムに書いていきます。

 

ちなみに移住までは、夫婦ともメソンで仕事をしております。

その後のオーベルジュメソンの経営は、わたしたちの長女が引き継ぎます。

(このブログはあくまで夫の観点から書いていきます。

妻の観点は直接お聞きください・笑)

────────────────────────────────

話を進行させる前に、

どうして「今」、「ウイーン」へ移住しようと考えたのか。

頭の中を整理しながら、説明してみます。

 

ここ数年、オーベルジュメソンはまだまだたくさんの「伸びしろ」があるのに、

僕たち夫婦が経営を続けていると、

これ以上伸びない、という印象を強く持っていました。

だから、早く後継者を見つけ引き継がないとと、

焦っていたといえます。

そんなときに、長女が「やってみる」と承継を決めます。

 

当面、後継の体制も含め、引き継ぐための準備に入っていますが、

50代後半の僕たち夫婦は、その後どう生きていくか、

決めなければなりません。

お店も自宅も、娘に譲って出ていこうというつもりなのです。

働かなくても食べていけるような蓄えがあるわけではないので、

収入源をどうするか、暮らしていく場所をどうするかを、

決める必要に迫られています。

 

今は滋賀県の山麓の、のどかな田舎に住んでいます。

「年を取ったら、都会に住むかなぁ」と、漠然とは思っていました。

国内外どこでもよかったのですが、

国内でいえば、東京、大阪、京都など、知っている都会は

どこも僕たちには候補になりません。

次の仕事のあてもいまのところメドがありません。

さて、どうしたものかという段階だったわけです。

 

そんな時期のヨーロッパ行きでした。

1度目のウイーン行きは、ブタペストまでは、飛行機で入りましたが、

ブタペスト→プラハ→ウイーンの国境をこえる移動は、列車でした。

2度目のウイーン行きは、ウイーンへと、その後のウイーン→パリは飛行機でしたが、

フランス内のパリ→ストラスブール→ディジョン→パリの都市間移動は、列車でした。

大陸にいれば、パニック障害で薬を飲まないと飛行機に乗れないという「苦行」がなくとも、

国境を軽々超えることができることを、初めて実感します。

車移動という手段もあるわけで、

ヨーロッパ・アジアは陸続き。アフリカ大陸までも、

飛行機に乗らなくても移動できることに、気づいたのです。

おおげさに言えば、日本という島国で生まれ育った発想は、

世界標準ではなかったのです。

 

長い時間、鎖につながれていた象は、鎖の縛りがなくなっても、

鎖につながれているかのような行動しかできないといわれます。

その象と自分が重なります。

 

この年齢になるまで、たくさんの車を乗り替えてきました。

そのほとんどは輸入車(新車価格の1/10程度になった、古い車ばかり)ですが、車好きというよりは、

いろんな国のいろんなメーカー、いろんな車種に乗ってみたいという、

好奇心がそうさせてきました。

車って、ある時代の、

その国のテクノロジーとデザインの先端を集約した製品です。

そうしたものを、できるだけたくさん、体験したいのです。

 

大陸に住めば、単に車だけではなく、国・都市・町・村、人、食、美など、

苦行を味わうことなく、さまざまな体験の幅がほぼ無限に広がりはじめます。

 

ウイーンに住みたいという前に、

まず大陸に住むことの無限な可能性にときめきだしたのです。

 

←第1回へ   →第7回へ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。