Loading...

ご予約

Story

滞在中の楽しみ方を、
周辺のスポットや季節のトピックを
交えてご紹介しています。

2021春。ウイーン移住への記録 第10回

2020.04.27

オーベルジュメソンの経営を、

まったくの素人から夫婦で始めて18年が経ちます。

そんな僕たち夫婦が1年後の2021年春、

ウイーンへ移住し、開業することが決まりました。

この連載は、移住までの顛末を記録していきます。

「今の暮らしを変えたい!」なんていう希望をお持ちの方々に、

なにかのお役に立てればとリアルタイムに書いていきます。

 

ちなみに移住までは、夫婦ともメソンで仕事をしております。

その後のオーベルジュメソンの経営は、わたしたちの長女が引き継ぎます。

(このブログはあくまで夫の観点から書いていきます。

妻の観点は直接お聞きください・笑)

────────────────────────────────

最近、僕たちの友人などから、オーナー交代と、

僕たち移住への動きへのお知らせに関して、

驚きとともに、宿泊施設を新たに開業することへの

「大変だねー」という反応が届くようになりました。

 

誤解です!

ウイーンで開業のメドが立っているのは、

美術館の「ミュージアムショップ」のような小売りのお店です。

ウイーン在住のオーストリア人が、現在も営業を続けられているショップを、

(僕たちが移住する前日まで経営を続けられているかもしれません)

在庫も含め「居抜き」で買い取り、ノウハウを引き継いでいただきながら、

スタートするというのが真実です。

決して「オーベルジュメソン」の2号店を開業するわけではありません。

 

ただ、少し広めのアパートメントを借りて、

一室でB&Bをやったり、

ウイーンへ留学に来る若い人たちのための下宿を提供できたら、

おもしろいかぁとは思っていますが、メインの仕事にはしません。

 

 

さて、ウイーンでの会社設立などに関して、

相談に乗ってくれそうな在日オーストリア大使館商務部へメールを送ってみました。

もちろん、日本語です。(電話が嫌いな僕にとっては、連絡方法はメール一択です)

参考までに、以下はその全文です。

───

はじめて、ご連絡させていただきます。
この相談内容にふさわしい先が、
別にあるようでしたらお知らせいただければ幸いです。

現在は、滋賀県で下記のような事業をしております。
https://www.meson-box.com/

2021年の年明けから春頃に、
オーストリア人が営む、ウイーンのギャラリーショップを引き継ぎ、
日本人である私たちが営むことがほぼ決まっております。

その際に、現在わたしどもが経営している会社の支店をウイーンで設置するのか、
ウイーンで新たに会社を設立するのか、
どちらがいいのかサポートいただければと思っております。

私たちの会社は、家族経営規模のものですので、
経営者夫婦がウイーンに移住して、
ギャラリーの経営をします。

手続きの簡便さ、定住のためのビザの取得のしやすさ、
ウイーンで経営をスタートさせてからの税務上の優遇措置などに、
差があるようでしたら、教えていただければと思います。

ご判断いただく上で、
ご不明な点がございましたら、
お知らせください。

よろしくお願いいたします。

───

 
 
日ごろ外国の大使館とのお付き合いがありませんから、
日本語のメールで通じるんだろうかとか、
大企業でなく、個人事業規模の開業の相談に乗ってくれるんだろうか、とか。
勤勉さが不足するお国柄の「お役所仕事」だったら、
完全に無視かもなぁとか。
不安は山盛りですが、ほかに相談相手のメドもありません。
 
あまり過剰な期待をせずに、待っていると、
返信が返ってきました。
 
 
───
オーベルジュメソン
渡辺 様、

ご連絡ありがとうございます。オーストリア大使館商務部の〇〇(注・実名省略)と申します。初めて連絡させていただきます。
  この度、貴社の海外出店に関しオーストリアへの進出をお考えいただき、ありがとうございます。

本件は海外出店などオーストリアへの企業進出を支援する「オーストリア経済振興会社」(https://investinaustria.at/ja/) との相談になるのですが、明日午前に電話での打ち合わせが可能でしょうか。

その為、貴社概要、ビジネスプランに関し、英語の資料がございましたら、ぜひ送っていただきたくお願いいたします。
  但し、まだ情報収集の段階であるとか、資料準備が間に合わないということであれば、打ち合わせの際に、先ずは詳しくお話をお聞かせください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

オーストリア大使館商務部
商務官
〇(注・実名省略)

───

 

「おー!返事があった!」

「オーストリア大使館やるやん」なのです。

 

このメールの文章、ご本人が書いたのか、

日本人の秘書のような人が書いたのか。

ちゃんとした日本語です。

 

こんなことでも、オーストリアという国への信頼度が、

急速に高まったりするわけです。(笑)

 

そして、翌日大使館に電話することになります。

(電話での打ち合わせって、どういうことやねんと思いながら)

 

←第1回へ   第11回へ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。